タカノグループ

MESSAGE

感動を創造する仕事は タカノグループにある

 タカノホーム、タカノ一条ホーム、タカノリフォーム、タカノ興発、タカノ建設からなるタカノグループは、「住まいづくり、まちづくりを通じて、それに関わるすべての方々とともに喜びや感動を作り上げ、地域に貢献する企業」であることを経営理念に掲げています。新築注文住宅の建築やリフォーム、病院・学校・工場・介護施設などの建設、宅地造成、不動産の仲介などを行い、それらを事業の柱としています。当グループのように、総合建設業のタカノ建設、住宅建築・リフォームのタカノホーム、宅地造成・不動産仲介、プレカット工場のタカノ興発など、さまざまな事業を展開し、それぞれが連携しながらお客様へサービス、商品を提供している企業は、富山・石川唯一と言っても過言ではありません。

 今後は、新しいサービスや商品を生み出すための総合的な研究所を作り、環境負荷の少ない住まいづくりや、エクステリアや家具も含めたトータル的な提案に取り組んでいきます。また、大型建築や住宅のノウハウ、木材を生かして、大規模木造建築にも挑戦していく考えです。

 住宅や建築に興味がある方、設計や施工管理、営業など、さまざまな職種でキャリアを積んでいってください。そして、いろいろな人との出会いを大切にしてください。仕事を通じて、豊かな人生を送ってもらえたらと思っています。ぜひ、タカノグループへ!

WORK

  • タカノホーム株式会社

    木造注文住宅設計施工(新築・増改築・リフォーム)


    北陸の人たちの笑顔を育む仕事

     「タカノホームとタカノ一条ホームは別会社」と思っている人が意外と多い。だが、正解は同じ会社の別事業である。具体的には、タカノホームという会社の中にタカノ一条ホーム、タカノホーム、タカノリフォームという事業部があるのだ。そして、その 3つの柱はそれぞれに高い専門性を持っている。

     「タカノホーム」は、夏は高温多湿、冬は低温多雪といった北陸の気候風土に適した家づくりを行う、地域密着型の木造注文住宅メーカーだ。自然素材をはじめ、優れた断熱性や耐震性、環境への配慮を備えた家づくりで知られる。職種は住宅営業、設計、施工管理、商品開発、事務と幅広いが、どれに就いたとしても北陸の人たちに快適な暮らしを提供できることが大きなやり甲斐になるはずだ。「品質がハイスペックだから、大切な友人にも提案できます」と微笑むのは、入社 2年目の営業スタッフ。たとえ、性能や自然素材の良さなどが口頭で伝えにくかったとしても、同社にはそれらを実際に体感できるショールームがあるため、新入社員もお客様とのコミュニケーションがとりやすい。



    高性能住宅を提供するという誇り

     一方、「タカノ一条ホーム」では、東京に本社を構える「一条工務店」の商品を販売。基本的には一条工務店と同じ構造、設備、太陽光パネルを使って、高性能な注文住宅を作り上げている。超省エネ・超健康・超耐震・超創エネ・全館床暖房システム・トリプル樹脂サッシなど、日本一といっても過言ではないほど高性能な住まいを多くの人々に自信を持って提案できることが、同社で働く魅力だ。

     同社が一条工務店と業務提携を結んだのは、その高い技術力に共感したことがきっかけ。同時にプレカット技術も取り入れ、北陸初の自社工場を作ることに成功した。また、一条工務店は、木造注文住宅ではNo.1の完工戸数を誇るほど、知名度・信頼度も絶大だ((株)住宅産業研究所「’18住宅メーカーの競争力分析」より)。そうした確かな商品に携われることも大きな喜びといえるだろう。

     髙野社長は、住まいづくりへの思いを次のように言う。「衣食住の中でも、住は人間が生きていくうえでかなり重要です。住まいが持つ安心感や居心地の良さは、かけがえがありません。それを創造できることは、大きなやり甲斐になるのではないでしょうか。また、お客様と深く関わりながら一緒に住まいづくりを行うことで社員自身が磨かれ、住まいの完成時にはお客様とともに感動を味わうことができます」と。

  • タカノ建設株式会社

    総合建設業(建築・土木)

    形に残る建物をこの手で

     タカノグループの歴史は、「タカノ建設」から始まった。創業以来、富山の建設業者のパイオニア的存在として、病院や学校などの公共施設建設から、オフィスやビル、工場、マンション・アパート、医療・福祉施設、店舗・一般住宅の設計・施工まで、多岐にわたる建築物の建設を手がけている。その歴史の長さから、地元での信頼感、知名度は非常に高い。

     同社では、施工管理として、さまざまな建設の現場監督を務められる。お客様や設計士、職人とコミュニケーションを図りながら、施工図面の作成や品質のチェックなどさまざまな業務を行い、納期までに質の高い建物を作り上げていく。現場によって規模も施工方法も異なるため、経験を積むほどにスキルを高められる。また、大規模な建物を仕上げられた時、そしてそれがいつまでも形に残ることに、この仕事のやりがいや喜びがあるといえよう。

  • タカノ興発株式会社

    宅地開発、宅地分譲、分譲住宅、 木材業、木材加工

    さまざまな暮らしを陰ながら支える喜び

     タカノ建設の次に生まれたのが、「タカノ興発」だ。より住みよい環境づくりをめざして、富山・石川での宅地の売買・仲介や、宅地造成開発、販売などを行っている会社である。土地は、新しい暮らしを育む土台となる部分。その重要な役割を担えることが、同社で働くことの喜びだ。

     また、昭和63年に完成したタカノプレカット工場の運営も行っている。工場では、タカノホームやタカノ一条ホームで使用する木造住宅資材の乾燥から加工、防腐・防蟻処理までを行う一貫生産システムによって、コストダウンを図るとともに、お客様に安心感を提供。自分が加工した木材や作成したパネルが、さまざまな家族の暮らしを支えていると思うと、力がみなぎってくるはずだ。

  • タカノグループ

    タカノグループ

    社員一人ひとりをしっかり育成

     設計やインテリアコーディネーター、施工管理、営業など、さまざまな職種を揃えるタカノグループでは、社員一人ひとりの育成を考えた制度が運用されている。タカノホームでsh、コミュニケーション能力を養うとともに、住まいづくりの流れを把握するために、全員が営業職を経験する。その後、本人の希望と適正によって配属先が決定。所属部署では、先輩の指導をマンツーマンで受けながら、専門的な知識や技術を身につけていく。また、タカノ建設、タカノ興発でもこのようなマンツーマンのトレーナー制度のほか、新入社員フォローアップ研修をはじめとする様々な研修制度、個々の成長を促す人事評価制度、資格取得者への資格手当の支給など、スキルアップを図れる制度が充実。しっかりとした教育を受けられるため、仕事のみならず、一社会人としても着実に成長していける。


    男女ともに長く働ける職場環境

     グループの男女比率は女性約35%、男性約65%と男性が比較的多いものの、20〜60代までと幅広い年代の男女が混合しているのが特長だ。中には産休中の社員も復帰予定の社員もいる。「年齢性別問わず、長く働ける風土を作っていきたいです」と髙野社長が言うとおり、定年退職後も現役で営業に励む社員が数名いる。豊富な人生経験が役立つ仕事でもあるため、歳を重ねても即戦力でいられるからだ。経験値やスキルの高いシニアと、流行に敏感で豊かな感性を持つ若者が、力を合わせてともに住まいやまちを作っていける。

     長く働くには、健康が大事だ。2018年からは血圧計の配置や、階段のカロリー表示、ラジオ体操の実施、社内サークルや施設利用料の補助などをスタートするなど、健康経営にも取り組んでおり、経済産業省が認定する健康優良経営法人2019(中小企業の部)の認定を受けた。また、働き方改革にも意欲的で、営業スタッフが長期休暇を取得できるリフレッシュ休暇制度を導入。健やかな心身と高いモチーベーションを維持できる職場環境である。

STAFF

Isobe Motoki

【名前】磯部 元樹 【在籍年数】1年
【配属】タカノホーム富山第1営業所 営業(新築部門)

人間関係がいいから、
ストレスフリーです!

会社の好きなところ、他人に紹介したいところは?
当 社 の 雰 囲 気 が 好 き で 、直 感 的 に 入 社 を 決 め ま し た 。実 際 に 人 間 関 係 が 良 く て 、仕 事 で 結 果 を 出 し た 時 に は 先 輩 や上 司 が 一 緒 に な っ て 喜 ん で く れ ま す 。皆 さ ん 、心 に 余 裕 が あ る ん で す よ ね 。入 社 し て 良 か っ た です。

ABOUT US

会社概要

会社名 タカノグループ
設立 1919年5月
代表取締役社長 髙野二朗
資本金 1億6,060万円(グループ合計)
人員数 250名(グループ合計)
本社 〒939-8611 富山市今泉西部町7-1
URL recruit.takanohome.com
事業登録 木造注文住宅設計施工(新築・増改築・リフォーム)
総合建設業(建築・土木)
宅地開発、宅地分譲、分譲住宅、木材業、木材加工