みんなが安心して暮らすために

 コンクリート構造物の寿命は50年と言われており、この先も長く使い続けるには、補修や延命措置をとる必要があります。コンクリート補修部では、橋梁やトンネル、港湾、河川、防災といったコンクリート構造物を、地域の人たちが安心して使えるように補修・補強措置を実施しています。 またそれぞれの現場に適した工法の提案も行っています。